中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.10 05:05

【沢田康文の欧州リポート】武豊、凱旋門賞「いつか必ず勝ちたい」

凱旋門賞6着に敗れた武豊騎手騎乗のソフトライト

凱旋門賞6着に敗れた武豊騎手騎乗のソフトライト【拡大】

 大一番の日の朝、パリは10月の雨に煙っていた。今年も凱旋門賞が幕を閉じた。当日のGI5鞍に騎乗した武豊騎手は、地元のソフトライト(J=C・ルジェ、牡3)で挑戦。2007年の仏ダービー馬ローマンなどを所有したイタリア人オーナーのC・マルゾッコ氏からの騎乗依頼を当該週に受け、追加登録で自身8度目の参戦を果たした。

 実績では見劣り、単勝人気86倍(現地)の最低人気だったが、「勝つつもりで一生懸命乗りました」。上位陣は強かったが、ずっしりと水分を含んだ馬場のレースで大外から6着まで追い込んだ。レース後、陣営からは今後についてジャパンCを含めた相談があったが、武豊騎手は適性のありそうな国際レースとして、来春のドバイゴールドCを進言した。

 遠征が実現するかはまだ分からないが、いずれにせよ4歳以降が楽しみな馬で、来年もどこかで再びコンビが実現することを期待したい。

 「凱旋門賞は夢のレース。毎年乗りたいと思いますし、いつか必ず勝ちたいです。パドックの雰囲気、出走馬パレード、馬車の表彰式。全てが別格と改めて感じました」

 武豊騎手の凱旋門賞制覇は日本中の夢でもある。いつか運命が栄光を与えてくれるに違いなく、来年も騎乗馬と巡り合うことを楽しみに待ちたい。 (在仏競馬記者)