中央競馬:ニュース中央競馬

2019.10.5 11:17

【ズバッと!言いたい放題】凱旋門賞

ジャパン

ジャパン【拡大】

 しの パリロンシャンで歴史ある一戦。創設は第一次世界大戦直後の1920年です。

 東京サンスポ・千葉 初の3連覇へ挑戦するエネイブルは、昨年以上に順調で死角は少なそう。

 村瀬 すごいよね。前走なんてマジカルに並ばれて苦しくなるはずが、逆にエンジン点火だよ。相手のムーア騎手の心も折った感じだった。

 大王 歴史的名牝には違いないけど、配当面も含めて魅力なのはジャパン。3連勝中でパリ大賞、英インターナショナルSとGI連勝。2頭出しのA・オブライエン厩舎で、ムーアはこちら。

 千葉 ジャパンはエネイブルの父の父のガリレオの産駒。母父もレース相性のいいダンジグ系で、クリスタルオーシャンを差し返した前走の走りは本物でしょう。

 村瀬 ソットサスの前走は明らかな下手乗り。ただ、前をこじ開けた瞬発力は目を引いた。

 大王 クリスチャンの仏ダービー馬だね。ゴール前で“そっと差す”?

 しの そんなオジサンたくさんいるのよね…。

 片山 存在感を増しているのがロイヤルブルーの勝負服。ゴドルフィンのガイヤースは前走が14馬身差勝ち。ブックメーカーのオッズもマジカルと同評価だ。

 しの ディアドラが出た愛チャンピオンSの勝ち馬ね。エネイブルの2着が3回もある堅実派。ところで日本馬は?

 千葉 過去10年の複勝圏内30頭中29頭は前2走ともに5着以内。2走前の目黒記念で8着のブラストワンピースは…。

 大王 ハービンジャーの血は魅力でも、10Fがベストの印象だし。

 千葉 現地の馬場状態は“重”の見込みです。タフな条件になるかも。

 大王 フィエールマンはスタミナ型のレース巧者。初のフランスでもルメールなら心配ないか。

 しの キセキはフォワ賞でコースを経験。ジャパンCでのハイパフォーマンスも秋3戦目だったわ。今年は好メンバーで記録もかかっているから楽しみ。あとは起きていられるかどうかだけ…。

 水谷 阪神のCS見て、ラグビー見て、凱旋門賞なら寝る暇ないで!(夕刊フジ)