中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.28 05:02

【スプリンターズS】最新ナマ情報(1/2ページ)

◆「内枠を生かす」〔1〕アレスバローズ

 〔1〕枠(1)番に決まった。最内枠は2004年のデュランダル2着の後は連対がない。角田調教師は「内枠を生かして小倉(18年の北九州記念優勝、(5)番枠)のときのイメージで乗って、展開がはまれば」と力を込めた。

◆「鞍上に任せる」〔4〕リナーテ

 GI初挑戦となる5歳牝馬は〔2〕枠(4)番。GI昇格後は2勝、2着3回がある。野本厩務員は「跳びが大きいから、気分よく外めを走れる外の枠でが良かったけどね。ジョッキーがうまくさばいて外めに出してほしい」と願った。

◆後方から勝負〔5〕レッツゴードンキ

 4年連続参戦となる一昨年の2着馬は〔3〕枠(5)番。2004年にカルストンライトオが勝った後は連対がない。梅田調教師は「後ろから脚をためる形でね。あとはよく分かってくれているジョッキーに任せるよ」とうなずいた。

◆鬼門の枠で…〔6〕ノーワン

 6ハロン戦初挑戦のハーツクライ産駒は、〔3〕枠(6)番に決定。これまで、勝ち馬が出ていない鬼門の枠となった。笹田調教師は「追い切り後も変わりはない。1200メートルなら枠は内の方がいいだろうし、この距離で違った面を引き出せれば」と期待を込めた。

◆真ん中枠に笑み〔7〕モズスーパーフレア

 展開の鍵を握るスパイツタウン産駒は、真ん中の〔4〕枠(7)番からスタートする。この枠からは、これまで2頭の勝ち馬を出している。音無調教師は「強いていえば、偶数枠の方がよかったけど、真ん中だとレースがしやすいからいいんじゃないか」と笑顔をみせた。

◆「いつも通り」〔9〕ディアンドル

 7戦して連対を外していない3歳牝馬は〔5〕枠(9)番を引き当てた。勝ち馬こそいないが、5頭の2着馬を出しており、決して不利な枠ではなさそうだ。奥村豊調教師は「枠はどこでもよかったです。変わりなく、順調にきています。馬体重もいつも通り」と話した。

◆内が良かった〔10〕ラブカンプー

 昨年は11番人気ながら2着と好走したショウナンカンプ産駒は〔5〕枠(10)番。(9)番だった昨年と同じ黄色帽だ。森田調教師は「スタートが速いので真ん中より内が良かったけどね」と、ちょっと残念そうだった。

【続きを読む】