中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.12 05:09

【ローズS】シゲルピンクダイヤ、1馬身半先着

シゲルピンクダイヤ(手前)はCWコースでラスト1ハロン12秒0の伸び。余力十分に1馬身半先着した

シゲルピンクダイヤ(手前)はCWコースでラスト1ハロン12秒0の伸び。余力十分に1馬身半先着した【拡大】

 桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤは、CWコースで確かな伸びを見せた。4コーナー手前からスムーズに加速し、6ハロン83秒4-12秒0を馬なりでマーク。先行したラヴォアドゥース(未勝利)に、余力十分に1馬身半先着し、騎乗した渡辺調教師は「動きはいいと思います。落ち着きがあっていいですね」とうなずいた。

 昨秋に右前繋靱帯炎を発症した脚元の不安がなくなり、デビュー前以来となるCWコースでの追い切りを2週連続で敢行。トレーナーは「オークス(12着)前は気が張り詰めていて、不完全燃焼だった。気難しい牝馬だけど、真面目に走ってくれれば十分やれます」と重賞初勝利を狙う。

★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載