中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.12 05:03

デットーリ、「エ女王杯」ウイークから騎乗へ

エリザベス女王杯ウイークから日本で騎乗するデットーリ騎手。世界一の名手の参戦で、日本の秋競馬が熱くなる

エリザベス女王杯ウイークから日本で騎乗するデットーリ騎手。世界一の名手の参戦で、日本の秋競馬が熱くなる【拡大】

 今秋、短期免許を取得して日本で騎乗する世界ナンバーワンジョッキーのランフランコ・デットーリ騎手(48)=イタリア出身、英国拠点=の来日スケジュールが、11月のGI・エリザベス女王杯ウイーク(9、10日)から、12月22日のGI・有馬記念当日までになることが11日、分かった。

 JRAでの短期免許取得は2011年のGI・日本ダービー(デボネア12着)以来、8年ぶり2度目。11月1、2日に米サンタアニタ競馬場で行われるブリーダーズCの終了後、その翌週から来日する。身元引受人は馬主の吉田照哉氏と、藤原英昭調教師になる予定。栗東所属の形で騎乗し、海外でのレース参加のために一時帰国する可能性もある。

 同騎手は1985年のデビュー以来、長年にわたって世界のひのき舞台で活躍。今年も名牝エネイブルとのコンビで7月の英GI“キングジョージ”を制したのをはじめ、6~8月だけでGI13勝と48歳を迎えて手綱さばきは冴えわたるばかり。日本でもGI・ジャパンCを3勝するなど、その名は知れ渡っている。

 今年の秋GIシーズンでは、クリストフ・スミヨン(38)、オイシン・マーフィー(24)、ライアン・ムーア(35)、ウィリアム・ビュイック(31)といった、世界各国の名手が短期免許で来日する見通し。“ワールドオールスター”ともいえるトップジョッキーの共演で、国内の競馬がさらに盛り上がるのは間違いなさそうだ。

ランフランコ・デットーリ(Lanfranco・Dettori)

 1970年12月15日生まれ、48歳。イタリア出身。85年にデビューし、世界中で数多くのGIを勝つ世界のトップジョッキー。凱旋門賞は歴代最多の6勝で、今年も英GI“キングジョージ”(エネイブル)などGIを勝ちまくっている。JRAでは84戦18勝で、GIはジャパンCを3勝(96年シングスピール、2002年ファルブラヴ、05年アルカセット)、JCダート(現チャンピオンズC)を1勝(02年イーグルカフェ)。