中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.11 12:03

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(103)】ブランドよりも鮮度が酒の良否を決定~夏の新潟の教訓を秋競馬で、さあ実践(1/2ページ)

スポーツ紙記者No.1の健筆家と謳われるサンスポ佐藤洋一郎記者が自身の記者生活の集大成として送り出す「馬に曳かれて半世紀」

スポーツ紙記者No.1の健筆家と謳われるサンスポ佐藤洋一郎記者が自身の記者生活の集大成として送り出す「馬に曳かれて半世紀」【拡大】

 英国の「EU離脱延期法案」が、エリザベス女王の裁可を得て成立する見込み…というテレビのニュース映像を見ながら、生ビール用のジョッキに仕込んだギンギンのジンリッキー(?)を一気にあおった。かぁ~きくぅけ~こりゃいいわぁ。

 台風15号一過36度超の猛暑は、日が落ちても燃えさかっている。どんなに冷やしたビールでも、バケツでかぶるくらいのことをしないときかない。量ではなく質的に清涼感を高めてくれるものはないかと酒類棚を物色して歩いて…なんだこりゃ?

CRAFT GIN 香の雫

 中央アルプスの森に囲まれた養命酒駒ヶ根工場で蒸留。仕込み水は中央アルプスに磨かれた伏流水。ボタニカルには繊細で爽やかなアロマが感じられる香木、クロモジを主体に11種を使用…。

 長野人が作った森の香木ジンか。これはひょっとしたら…うーん、いける。タンカレーにもビーフィーターにもゴードンにもない衝撃的でオリエンンタルな香りが立ちこめている。37°でなく50°いや45°でもこの先、夏のメインスピリッツに据えてやるぞとテイストして、キウイと梨を刻んで氷と炭酸で攪拌しライム片を捻って浮かせ、さらに飲み口ぎりぎりまでジンの雫を満たした。そして、爽やかに香る冷気と生気を胸いっぱい吸い込み、ああ、これがジン、森の女神の暑気払いの薫風…。

【続きを読む】