【藤代三郎・馬券の休息(103)】スタートについて~忘れられないラガーレグルス

2019.9.11 12:02

 『競馬のスタート30年』(日本スターティング・システム株式会社)を読んでいたら、「現在も3700メートルの障害等で使用されている京都の軟式発馬機」という写真が掲載されていたので驚いた。この「軟式発馬機」というのは、バリヤー式ということだ。

 この本は平成7年に刊行された本なので、いまから四半世紀前のことになるが、そのころまではごく一部とはいえ、バリヤー式の発馬機が使用されていたとは想像外である。バリヤー式発馬機はもっとずっと前に使用されなくなったと思っていたのだ。

 それにしてもバリヤー式発馬機は、公平を期すために各馬のスタートをそろえなければならず、それはもう大変であったらしい。

 中村勝五郎『親子3代 馬主80年』(中央競馬PRセンター/1984年)の「リヤー時代」という項には、昭和34年の桜花賞のときはスタートを切るまでに20分以上かかったと書かれている。それにしても20分とはすごい。

 同書から引く。

「バリヤーというのは、スタート地点に網を張っておき、スターターが、全馬出走態勢が整ったとみたとき、網を引くとバネ仕掛けでその網があがるという仕組みである。今日のゲートでも進行方向に向いて箱におさまっていても出遅れることがあるが、バリヤーのときは、前に網がぶらさがっているだけで、あとはフリーだから、スターターがよしと思っても、次の瞬間、馬が横を向いてしまったりして、しばしばひどい出遅れがあった」

 そのバリヤー時代には騒擾事件も起きた。それが、ミナトクヰン事件。昭和24年10月23日の中山競馬の第7レースに起きた事件である。当時は10月末に東京ではなく、中山で競馬をやっていたのか、というのはともかく、問題はそのときのスタートであった。

 バリヤーが跳ね上がると同時に、ミナトクヰンは転倒、騎手が落馬してしまったのだ。問題はその落馬がスタートの前なのか後なのか、ということで、スタート後であるならレースは成立するが、スタート前の落馬だから馬券を買い戻せと客が叫び始めた。

 前記の『親子3代 馬主80年』によると、そのとき、群がるファンをかきわけて、先代の勝五郎がスタンド前の台にのぼったという。そして激昂するファンに訴え始めた。「子供の時から修羅場をくぐってきた父には、この程度はなれていたのだろうか。場なれた感じで、騒ぎの中心人物を見つけ出し、まずそれを説得したようだ。事故の性質と競馬のあり方を説き、中心人物を納得させると、次々にその感化は広がりはじめた」

 一時はレース続行は無理と思われたが、先代勝五郎の説得で騒ぎはおさまり、第8レースは無事に行われたという。

 あまりにスタートの悪い馬は、再審査となるが、伊藤秀樹『馬なりの人生』(日本能率協会マネジメントセンター/1992年)に載っているスターターの山内秀樹さんへのインタビューでは、その再審査の様子が語られている。微妙なときは調教師を納得させるのが大変らしい。「なんでダメなんだよ」とか「頼むよ」と言われても合格させるわけにはいかないから、苦労するようだ。

 この再審査に関しては、忘れられない思い出がある。ラガーレグルスだ。2000年のことだから、あれからそろそろ20年になる。皐月賞でゲート内で暴れた(結局は競走中止)ラガーレグルスはダービー前に再審査となった。その審査が、東京競馬場で行われたのだが、そのとき私は競馬場にいたので、いまでも覚えている。

 最初は無事にゲートを出たのだ。もうそれでいいじゃんと思ったが、再審査は終わらない。もう一度ゲートに入って待機。すると、心ないファン数人が傘で柵を叩きはじめた。それが影響したのかどうかはわからないが、ラガーレグルスは暴れて不合格。ダービーに出ることはなかった。

 この再審査の日のことが忘れられないのはラガーレグルスから降りた佐藤哲三が金網の前で騒いだ数人に走り寄ったからである。係員があわてて止めなければ、数人の客に殴りかかったかもしれないほどの怒りが、そこには充満していた。

 あのときの数人の客は、若者とも中年男ともネットで書かれていて、どういう人物であったのかわからない。指定席からの距離があったので正確ではないが、私には若者に見えた。私はいまでも時折思い出す。あのときの若者たちはその後、どういう人生を送っているだろうと。あれから20年近い歳月がたっているから、彼らも中年になっているはずだ。

 どういう人生を送っていて、何を思っているだろうか。

藤代三郎(ふじしろ・さぶろう)

 1946年生まれ。本名・目黒考二(めぐろ・こうじ)。明治大学文学部卒業後、76年に作家・椎名誠氏と書評誌「本の雑誌」創刊。ミステリーと野球とギャンブルをこよなく愛す。藤代三郎のほかにも群一郎、北上次郎など複数のペンネームを持ち、評論、執筆活動を幅広く展開。著書に「本の雑誌風雲録」「活字三昧」(いずれも目黒考二)や「冒険小説論」(北上次郎)。「戒厳令下のチンチロリン」や週刊ギャロップに創刊より連載している「馬券の真実」をまとめた「外れ馬券は人生である」などの“外れ馬券シリーズ”は藤代三郎として発行している。

閉じる