中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.8 13:55

夕刊フジ水谷は馬連的中

水谷圭助記者

水谷圭助記者【拡大】

【水谷圭助のweb版・万福記】日曜中山7R

 【中山7R】 前走の◎①カステヘルミは、これから、という直線で、前が壁になり、フラストレーションの募る内容&結果に終わってしまった。3カ月半ぶりにもかかわらず、スッと好位に取り付いたセンス良さからは、このクラスで首位争いできることが明白。中山ターフの6ハロン戦で唯一の勝つ星を挙げているが、逃げて、4馬身差をつける圧勝劇。器用さがあるだけに、広くて直線の長いコースより、中山のようなトリッキーな設定のほうが合っている。馬体重が増えていることを願って、馬連総流しだ。

《馬連》
 ①-⑯ 1500円
 ①-②⑫ 各1200円
 ①-⑧⑩⑬ 各1000円
 ①-③ 700円
 ①-⑮ 600円
 ①-⑪ 400円
 ①-④⑦ 各300円
 ①-⑤⑥⑨⑭ 各200円

 ※結果…逃げ込みを図ったカステヘルミ(4番人気)でしたが、最後はアゴベイ(1番人気)にクビ差抑えられました。それでも《馬連》ですから。20.4倍で水谷圭助記者が3万600円をゲットしました。

水谷圭助(みずたに・けいすけ) 大阪夕刊フジ記者

馬連

プロフィル

1960年(昭和35年)4月18日、大阪府守口市生まれ。競馬好きの父親の影響で小学校へ入るころから競馬に興味を持つ。競馬歴はもうすぐ半世紀? 1984年4月夕刊フジ入社。1987年有馬記念メジロデュレン-ユーワジェームスの枠連万馬券を◎◯で的中。好きな馬はメジロデュレンを筆頭に、ノースガスト、スーパークリーク、マンハッタンカフェと菊花賞馬のステイヤーばかり。

予想スタイル

予想で最も大事だと思うのは「勘」。いろいろなファクターをフィルターにかけてどう表現するかは、予想者がどれだけ競馬を見ているかで生まれる「勝負勘」が最も影響すると思っている。“やればできるのに、まだやっていない馬”を探し出すことに腐心。実戦で見どころのある立ち回りをした馬をチェックし、1年ぐらいは平気で追い続ける。

※水谷圭助の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります