中央競馬:ニュース中央競馬

2019.9.8 12:37

【調教注目馬プレミアムofプレミアム】特注馬が人気に応えてデビュー勝ち

【調教注目馬プレミアムofプレミアム】8日(日)

 【日曜阪神5R・2歳新馬】
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 \\\\\\//////
  ≪②アルジャンナ≫
 //////\\\\\\
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中山11R④クリノガウディー
 中山12R⑬カナシバリ
 阪神5R②アルジャンナ
 阪神12R⑮デザートストーム

 

 日曜日の調教注目馬プレミアムは以上の4頭。この中で調教注目馬プレミアムofプレミアムにふさわしい動きを披露したのは【阪神5R・2歳新馬】でデビューする②アルジャンナ。

 9月4日(水)の栗東CWコースは良。整地直後を除き、時計はかかり気味。5ハロンの標準時計は67秒2。一番時計はウラガーノ(5歳2勝)で62秒3。

 ②アルジャンナは6ハロンから行き出し82秒0-66秒8-51秒4-38秒5-11秒6を一杯に追われてマークした。上がり3ハロンは3頭併せ。一杯に追われたスターズプレミア(2歳新馬)に1馬身先着、一杯に追われたジャンダルム(4歳オープン、日曜中山11R・京成杯AHに出走予定)と併入した。6ハロン81~82秒台、ラスト1ハロン12秒台なら及第点の馬場状態を考えれば、特にしまい11秒6は光り、格上古馬と併入もポイントが高く調教採点「7」。川田将雅騎手が手応えを確かめた1週前(8月28日)は直線3頭併せ。ジャンダルムに半馬身遅れ、サトノルークス(3歳オープン)に半馬身先着。馬なりでラスト1ハロン11秒6も強調できる。

 ※結果…調教駆けする古馬を相手に互角の動きをみせていたアルジャンナ(1番人気)。小倉2週目に除外→放牧、そして再調整という経緯がありましたが、「競馬エイト」時計班も納得の仕上がりでデビュー戦を勝ち切りました。東西トラックマンがピックアップした調教注目馬プレミアムからさらに厳選した1頭をプッシュするのが【調教注目馬プレミアムofプレミアム】です。

※調教注目馬プレミアムofプレミアムを閲覧するには勝利馬券セット(プレミアムパック)をご購入していただく必要があります