中央競馬:ニュース中央競馬

2019.8.11 18:30

【みんなの反省会】関屋記念~人馬ともに慌てず実力を発揮したミッキーグローリーは「強い」の一言by横山英二TM

長期休養明けもなんのその重賞2勝目を挙げたミッキーグローリー

長期休養明けもなんのその重賞2勝目を挙げたミッキーグローリー【拡大】

デスク サマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念は、ミッキーグローリーが1番人気に応えゴール前できっちり差し切った。ディープインパクト産駒の重賞勝ちは、父が7月30日に急死してから初めて。死後2週目に手向けの重賞タイトルを贈った。今回登場してもらう関東競馬エイトの横山英二トラックマン(TM)は残念ながら不的中。新潟で実際にレースを見ていた勝ち馬の印象は? 君の印は▲だったね。

横山TM 追い切りはすごく良かったのですが、550キロ台の大型馬が昨年秋のマイルチャンピオンシップ以来の実戦だったので、きっちり仕上がるだろうかと思って▲にとどめましたが…。9分9厘仕上がっていました。ウェブ「サンスポZBAT!競馬」のリアルタイム情報のパドック診断で「馬体きっちり!力出せる」と褒めたほどでした。テンションが少し高くて尻っぱねしていたのは気になりましたが、強かったですね。レースは出脚がひと息で後方3番手から。マイネルアウラートが果敢に飛ばしたことでかなり離されましたが、人馬ともに慌てませんでした。直線はズラリと前が壁になって鞍上のルメール騎手も迷っている感じでしたが、ラスト1ハロンを過ぎて4着ディメンシオンが伸びてくれたので、その外に持ち出せました。そこからの伸びは強烈。内で競り合う2、3着馬を、上がり3ハロン32秒2の脚を使ってゴール前で豪快に差し切ったのだから「強い」の一言です。GIを狙える能力があると改めて感じた一戦でした。マイルCSの有力候補でしょう。久々の今回を使ったことで、次はテンションも収まると思います。

デスク 国枝栄厩舎は、ハヤヤッコで勝った前週のレパードSに続いて新潟の重賞タイトルをゲット。

横山TM 今週は1番人気で重賞勝ち。さすが、質のいい馬がそろっていますね。10番人気で勝った先週は、管理馬の癖をしっかり修正したから。技術もあります。一流厩舎は違います。

デスク 2着はステイゴールド産駒で6歳牝馬のミエノサクシード。

横山TM 鞍上がスタートをしっかりと出していって中団につけましたね。終始、外を回る形で距離のロスはありましたが、直線に入ると早めにスパートをかけて長く脚を使いました。舞台や展開を問わず安定感が増してきた印象です。

デスク 3着もステイゴールド産駒のソーグリッタリングだった。

横山TM こっちは離れた3番手で折り合って運び、直線で早めに進出しましたね。バテてはいないけど、最後は切れ負けしました。

デスク 最後方からの直線勝負に徹して6着に来たロードクエストの上がり3ハロンは31秒9!

横山TM 展開さえ向けば、まだやれそうですね。

デスク 2番人気のケイデンスコールは末脚不発で14着。どうしたの?

横山TM 追い切りも当日のパドックの雰囲気も良かったんですけどねえ…。直線で外に出すのはいつもの形なのに、今回はひと脚も使えませんでした。レース勘が戻っていなかったのか、上がりが速すぎて対応できなかったのか…。究極の上がり勝負に対応できるスキルがなかったのかもしれません。この馬には馬場が良すぎたのかも。

デスク 君が本命にしたオールフォーラヴは父がディープインパクトで、母の父は9日深夜に死んだキングカメハメハ。残念ながら10着だった。

横山TM 追い切りが良かったので本命にしましたが、見立て違いでした(苦笑)。立ち回りにロスはなかったので、結果的に位置取りが前すぎたのかな。それと12キロ増の馬体重だったので、多少太かったかもしれません。こちらも究極の切れ味勝負に対応できませんでした。

★【関屋記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載