中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.12 05:10

【函館記念】斎藤新、ブラックバゴでJRA重賞初挑戦Vだ(1/2ページ)

JRA重賞初挑戦を迎えるルーキー・斎藤騎手は、勝利を目指す“1”のサインで決意を示した(撮影・岩川晋也)

JRA重賞初挑戦を迎えるルーキー・斎藤騎手は、勝利を目指す“1”のサインで決意を示した(撮影・岩川晋也)【拡大】

 函館記念の出走馬が11日、確定。ルーキーの斎藤新騎手(18)=栗・安田隆=は、父・斎藤誠調教師(48)=美浦=が管理するブラックバゴで、初めてのJRA重賞に挑む。ミッキースワローで七夕賞を制した菊沢父子に続き、今週も父子タッグが主役を演じてみせる。

 今週は俺がやる。ルーキーの斎藤騎手が、7歳馬ブラックバゴで重賞初参戦。しとしとと降り続く栗東の雨に打たれながら、北の大地で迎える晴れ舞台への意気込みを熱く語った。

 「うれしいですし、この時期に重賞に乗れるのは恵まれていると思います。斎藤先生からは、僕を乗せるのは『“いつもと違う騎乗をしろ”ってことだぞ』といわれているので、積極的に乗りたいですね」

 今年3月に、父が開業する美浦ではなく、栗東の安田隆厩舎所属でデビュー。1週目にいきなり2勝をマークすると、ここまで全国リーディング30位、新人では断トツの20勝を挙げている。それでも「チャンスのある馬に乗せてもらっているので、(勝ち数が)多いとも(ペースが)速いとも思わないです。安田先生やスタッフの方からアドバイスを受けて勉強させてもらっているので、少しでも早くうまくなって厩舎に貢献したいです」と表情を引き締める。

 競馬学校合格後から、調教師と騎手の関係性を意識し、敬語で接するようになった父子タッグは通算で【5・3・0・22】。4日には、交流GIII・スパーキングレディーC(マドラスチェック4着)で地方ながら重賞に初参戦した。斎藤誠調教師は「まだ特別戦や重賞に乗れる技術はありませんが、馬主さんには快く(騎乗を)了解していただきました。折り合いが大変だけど、先入観なく思い切った競馬をしてほしいですね」と期待を込めて手綱を託す。

【続きを読む】

関連

  • 函館競馬場の厩舎で体を手入れされるブラックバゴ。新味を見せられるか