中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.26 18:25

【リレーコラム】関東競馬エイト~美浦のWコース移設工事が開始by山本

山本忍

山本忍【拡大】

 今週から美浦のウッドチップコース(BWコース)が閉鎖された。従来のBコースから一番広いDコースへと移設される運びで、夏の新潟開催終了後の9月3日より新たにDWコースとして使用が可能となる。現場記者、トラックマンとして美浦にきて十数年、時計班として慣れ親しんだ光景が眼前から消えるのはやはり一抹の寂しさがある。

 とはいえ、おセンチな感情が馬券に結びつくわけではないので、これからはBWコースが使用できない影響を注視していく必要があるだろう。クッション性に非常に優れており、脚元への負担が少ないウッドチップコースは使用頻度が多い、いわば人気コースだった。それが使用不可となると各馬の追い切り事情も自ずと変わってくる。

 これまでBWコースを追い切りの主戦場としていた馬たちは坂路コース、ポリトラックコース、そして北Cコース(ダート)へとおのおの普段の調教を切り替えるが、従来のパターンを替えたことによるプラス作用、マイナス作用は必ず生じるはず。動き、体調の確認は当然として、変化の見極めが予想(特に穴予想)の肝となるだろう。夏の終わりまで新たな発見を楽しみたい。そう思っている次第だ。

山本忍(やまもと・しのぶ) 関東エイト時計班 

調教・展開・馬場

本命

3連単

プロフィル

1972年生まれ、山口県出身。少年時代と多感な青春時代を瀬戸内海沿いの地方都市で過ごす。在学中に競馬と出会い、編集部を経た後にTMデビュー。現在は美浦トレセン南馬場の時計班。

予想スタイル

若い頃はご多分に漏れず、穴狙いを好んでいたが、本紙予想を担当してからは臨機応変、フレキシブルな予想スタイルにモデルチェンジ。日々精進あるのみ。

※山本忍の予想を閲覧するには会員登録(無料)していただく必要があります