中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.25 05:05

京都競馬、2年5カ月開催中止 開設100周年に向け“淀”様お色直し(1/2ページ)

京都競馬場の工事終了後の予想図。左のメインスタンド、その手前にある楕円形のパドックが象徴的だ(JRA提供)

京都競馬場の工事終了後の予想図。左のメインスタンド、その手前にある楕円形のパドックが象徴的だ(JRA提供)【拡大】

 日本中央競馬会(JRA)は24日、大阪市内の関西広報室で定例記者会見を開き、京都競馬場のスタンド、馬場などの改築工事を発表した。期間は4年に及ぶビッグプロジェクト(総工費は未定)で、競馬開催は2020年11月から23年3月まで、2年5カ月間の休止。天皇賞・春、菊花賞などの伝統のレースはこの間、他の競馬場で行われることになる。

 2025年に開設100周年を迎える京都競馬場が、記念事業の一環として大きく生まれ変わることになった。2020年2月から24年3月まで4年間をかけてリニューアル。競馬開催も20年11月から2年5カ月間休止して改装に取り組む。

 工事の目玉は、ゴール付近にあるメインスタンド、グランドスワンの改築。地上7階の建物は1980年完成で、すでに39年が経過。全国の競馬場は約40年をめどに建て替えを行っており、100周年を機に地上6階の新スタンドになる(名称未定)。99年に完成したもう一つのスタンド、ビッグスワンは内装、設備などを改修。また、円形のパドック(出走馬の下見所)は、楕円形に変更する。JRAの吉田正義理事(総合企画、施設担当)は「(パドックで)直線を長く歩く馬の姿をファンのみなさまに見ていただきたいので」と説明。また、入場門や歩道などにも手を加える。

【続きを読む】

関連

  • 現在
  • 完成イメージ図(JRA提供)
  • 現在