【今週の重賞 見どころ狙いどころ】ラジオN賞&CBC賞

2019.6.25 05:04

 今週から関東は福島、関西は中京に主場が移り、計10週間にわたる夏競馬が本格的にスタートする。東西の現場記者が重賞の焦点を語り合う「今週の重賞 見どころ狙いどころ」で、福島・ラジオN賞の注目馬に東京サンスポの板津記者は適応力の高いインテンスライト、大阪サンスポの渡部記者は福島巧者の田辺騎手と新コンビを組むブレイキングドーンを挙げた。

 渡部 きのう栗東の大野神社にいってきたよ。

 板津 嵐ファンだっけ? 嵐の聖地で有名な神社だよな?

 渡部 そうだけど、僕は必勝祈願で。栗東の調教師もよく訪れるし、勝負事の御利益があるはず。今週から福島、中京の開幕で本格的に夏競馬が始まるから、運気を上げておかないとね。

 板津 俺も春のGIでやられすぎて、残ったのは疲労だけ。夏の間に失ったもの(お金)を取り戻して、気持ちをリフレッシュさせたいところだね。ただ、今週の2重賞はどっちもハンデ戦で、頭から煙が出そう。

 渡部 福島のラジオNIKKEI賞はブレイキングドーンが面白いと思うんだけど。

 板津 開幕週の、時計が速い馬場だと怪しくないか?

 渡部 重賞で2、3着があるし、クラシック路線で強い相手と戦ってきた馬がハンデ55キロは恵まれた方じゃないかな。陣営も「心肺機能の高さが売り」と言っているし、GIIIなら違うはず。テン乗りになるけど、地元出身で福島コースを熟知する田辺騎手なら心配ない。

 板津 俺はハンデ54キロのインテンスライトに注目。前走のプリンシパルS4着で速い時計にも対応したし、器用な競馬もできる。適応力の高さが魅力だね。

 渡部 中京のCBC賞は3歳馬のアウィルアウェイで大丈夫じゃないの。京王杯2歳Sでファンタジストとハナ差の2着がありながら、ハンデ51キロは恵まれた。前走の葵S3着は新馬戦(1着)以来の6ハロン戦でも中団につけられたし、今回はペース慣れが見込めて反応も良くなるはず。左回りもプラスだよ。

 板津 確かにハンデは魅力だな。でも3歳馬は過去10年で【0・2・0・13】。中京競馬場が改修された12年以降は、1頭も馬券に絡んでいないのが気になる。

 渡部 え、そうなの!?

 板津 あくまでデータだけどな。俺は今のところ、昨年の覇者アレスバローズに気がある。コース適性よりも気候だね。暑くなればなるほど調子を上げる典型的な夏馬だから。ちなみに大野神社を参拝した渡部に耳寄りな情報を。日曜函館の巴賞でアーバンキッドに“大野”騎手が乗るよ。

 渡部 買わせていただきます。

★ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる