中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.24 05:11

【宝塚記念】先行策で牡馬一蹴!リス、奇襲V(1/4ページ)

紅一点のリスグラシューが2番手から力強く抜け出し、上半期のグランプリを制した(撮影・安部光翁)

紅一点のリスグラシューが2番手から力強く抜け出し、上半期のグランプリを制した(撮影・安部光翁)【拡大】

 上半期の総決算となるグランプリ、宝塚記念が23日、阪神競馬場で12頭によって争われ、ダミアン・レーン騎乗で3番人気のリスグラシューが2番手から力強く抜け出し、GI2勝目を飾った。好スタートのアドバンテージを生かすため、無理に控えず前につける好判断で、鞍上はJRA短期免許の最終週を見事にGI制覇で締めた。1番人気のキセキはマイペースの逃げを打ったが、2着に終わった。

 5歳牝馬と25歳の若き天才が紡いだ驚きの完勝劇に、仁川が沸いた。紅一点のリスグラシューが強豪牡馬を蹴散らしてGI2勝目。春の日本競馬に旋風を巻き起こし、グランプリまでも奪取したレーン騎手が、はにかみながら喜びを伝えた。

 「最高の気持ちです。仕上がりが完璧な馬に乗せていただき、厩舎に感謝しています」

 スタート直後に、抜群の判断力を発揮した。好発を決めると、本来は後方から末脚を生かすタイプと承知の上で、抑えることなく2番手につけた。誰もが驚く奇策は「先頭に立つかどうか悩んだが、流れや展開で“ここで大丈夫”と判断しました」という絶妙のアドリブ。向こう正面では折り合いもつき、いい手応えで直線へ。ラスト1ハロン手前でキセキを抜いて先頭に立つと、脚いろが鈍ることなく3馬身差をつけての圧勝だ。

 矢作調教師も「誰も、まさか2番手に行くとは思わなかったでしょう。指示は“ゲートに気をつけて、出してくれれば”と、それだけ。彼の好判断です」と“レーンマジック”に最敬礼だ。

【続きを読む】

関連

  • 矢作調教師も舌を巻く好判断でVに導いたレーン騎手。ゴール後は歓喜の雄叫びをあげた
  • プレゼンターの松坂桃李(左)とダミアン・レーン騎手=阪神競馬場(撮影・安部光翁)
  • 宝塚記念、1着12番リスグラシュー