中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.23 18:30

【みんなの反省会】宝塚記念~驚いた先行策。レーン・マジックだ!by喜多村TM(1/2ページ)

紅一点のリスグラシューを勝利に導き、短期免許取得期間内の最多重賞勝利を6に伸ばしたダミアン・レーン騎手

紅一点のリスグラシューを勝利に導き、短期免許取得期間内の最多重賞勝利を6に伸ばしたダミアン・レーン騎手【拡大】

デスク 上半期の競馬を締めくくる宝塚記念は唯一の牝馬、単勝3番人気のリスグラシューがGI2勝目。2着に3馬身差をつける圧勝だった。◎を打っていた関西競馬エイトの喜多村克利トラックマン(TM)、現場でかなりいい声が出てたんじゃない?

喜多村TM いやいや、静かに見守っていましたけどね。何よりもビックリしたのが、2番手からレースを進めたことです。ゲートを出るとスッと加速して前へ。いくらか行きたがっているように見えましたが、2番手で我慢させて1コーナーでは力みがなくなっていました。その辺りはレーン騎手の技術ですよね。キセキが緩みのないペースを刻んだこともあって、終始、スムーズに走れていたし、坂下で先頭に立ち、強豪牡馬を力勝負で退けました。厩舎スタッフの仕上げも見事だったと思います。レース1週前にビッシリとやって、当週は前に馬を置いて我慢させる追い切りをしました。少しぎくしゃくした感じではありましたが、オーバーワークを避けていい精神状態でレースに臨めた。パドックでも以前のようにイラつかず、落ち着いていましたから。

デスク リスグラシューは秋に米国遠征が浮上しているらしいね。2着のキセキもしぶとかった。1番人気に支持され、君の印も○。ただ、昨秋のような行きっぷりではないような気もしたんだけど。

喜多村TM スタートしてからの加速が鈍く、押して押してハナに立ちましたが、行き切ってからはペースを落とさず、後続に脚を使わせる逃げを打ちました。ラストまでしっかり脚を伸ばしていたし、強い競馬をしていますよ。馬体も迫力満点だったし…。勝ち運がないというか、リスグラシューが強すぎました。

【続きを読む】