中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.22 12:30

【2歳新馬】阪神5R 人気のラウダシオンが押し切りV

好位追走から直線半ばで抜け出してデビュー勝ちを飾ったラウダシオン

好位追走から直線半ばで抜け出してデビュー勝ちを飾ったラウダシオン【拡大】

 6月22日の阪神5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気ラウダシオン(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)が好位追走から直線半ばで抜け出してデビュー勝ち。タイムは1分10秒7(良)。鞍上の福永祐一騎手はJRA通算2200勝のメモリアルウイン。

 1馬身半差の2着には2番手追走から粘り込んだリインフォース(4番人気)、さらに1馬身差遅れた3着に中団から伸びたピエナアメリカ(5番人気)。

 ラウダシオンは、父は今年の新種牡馬のリアルインパクト、母アンティフォナ、母の父ソングアンドアプレイヤーという血統。

 ◆福永祐一騎手(1着 ラウダシオン)「調教から芝でも動いていたし、実戦では立ち回りもうまかった。もう少し弾(はじ)けそうな感じもしますが、1番人気できっちり勝ててよかった」

★22日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら