中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.22 11:06

【BLOOD】GPに強いステイ産駒エタリオウ照準

宝塚記念に出走予定のエタリオウ

宝塚記念に出走予定のエタリオウ【拡大】

 上半期の締めくくりとなるグランプリ。血統的には春秋を問わず、GPに強い血統がある。そう、ステイゴールド産駒だ。本命はエタリオウ。頭から狙う。

 前走の天皇賞・春でも期待したが、“最強の1勝馬”の称号が変わることはなかった。とはいえ、確かに今回のメンバーも強いところがそろっているが、人気的には昨秋以降で最も美味しくなりそうだ。父ステイゴールドのGPでの強さは、まずもって内回り急坂に強いという特長がある。それが中山は言うに及ばず、コース改造後も、内回りはかつての傾向を残す阪神でも通用するからだろう。

 さらに前走でも指摘したとおり、父譲りの成長力がある。母父がやや軽めのストームキャット系ヘネシー産駒という点では、前走から5Fの短縮も吉と出るはず。ヒムヤー系ブロードブラッシュ、テディ系プライヴェートアカウント、ミスプロを経ないレイズアネイティヴ系マジェスティックライトと、血統好きをくすぐる種牡馬の血が存分に入っているのもいい。最強の1勝馬を頭から狙うことで、さらに配当にも期待したい。

 相手はキセキ。ルーラーシップ×ディープインパクト牝馬という、キンカメ×SSの後継種牡馬同士の組み合わせ。その先の母系にはロンドンブリッジ、その父が異系のドクターデヴィアスと、こちらもいい血が入っている。キンカメ×SSという切れのありそうな組み合わせが、前に行って粘る脚質になっているのは、キンカメを重めにしたルーラーシップに負うところが大きいが、血統を生かす脚質であり、このコースにも合いそうだ。

 3番手はレイデオロ。こちらはキンカメ直仔で、母系はディープの近親。その母系は超一流であり、キンカメの能力を底上げしているといえる。血統的には、ステイゴールド産駒などとは対照的だと思えるが、中山の2200メートルを完勝しており、能力の高さでここも上位に食い込む可能性は大いにある。(夕刊フジ)