中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.16 15:37

【函館スプリントS】カイザーメランジェが逃げ切り重賞初制覇!

逃げ切って重賞初制覇を果たしたカイザーメランジェ

逃げ切って重賞初制覇を果たしたカイザーメランジェ【拡大】

 6月16日の函館11Rで行われた第26回函館スプリントステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、7頭立て、1着賞金=3900万円)は、江田照男騎手騎乗の5番人気カイザーメランジェ(牡4歳、美浦・中野栄治厩舎)が好スタートからしぶとく逃げ切り、4歳にして重賞初制覇を飾った。タイムは1分08秒4(稍重)。

 1馬身半差の2着には2番人気のアスターペガサスが2番手追走から粘り、圧倒的1番人気に支持されたタワーオブロンドンはさらにクビ差遅れた3着に敗れた。

 函館スプリントSを勝ったカイザメランジュは、父サクラオリオン、母サクラジュレップ、母の父サクラプレジデントという血統。北海道新ひだか町・谷岡スタットの生産馬で、馬主は友水達也氏。通算成績は24戦5勝。函館スプリントSは、中野栄治調教師、江田照男騎手ともに初優勝。

 ◆江田照男騎手(1着 カイザーメランジェ)「他に行く馬がいなかったので、小細工せずにスピードを生かそうと思っていました。最後は一杯一杯でもよく頑張ってくれました」

★【函館スプリントS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 逃げ切って函館スプリントSを制したカイザーメランジェ
  • ガッツポーズする江田照男騎手
  • 江田照男騎手(右から2人目)とプレゼンターの俳優・山本耕史(中央)