中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.16 17:58

【みんなの反省会】ユニコーンS~筋肉質のワイドファラオ「いかにもダート馬」で本命by横山TM(1/2ページ)

ダート初挑戦で重賞制覇を成し遂げたワイドファラオ

ダート初挑戦で重賞制覇を成し遂げたワイドファラオ【拡大】

デスク 上半期の3歳ダートマイル王を決めるユニコーンSは、禁止薬物問題で2頭の競走除外があって13頭で争われた。結果は、芝のGIIニュージーランドトロフィーの勝ち馬で、今回3番人気のワイドファラオが逃げ切った。ダート重賞も制して“2刀流”を完成させた。今回登場してもらうのは、勝ち馬を本命にしていた関東競馬エイトの横山英二トラックマン(TM)。きょうは反省会ではなく祝勝会だね。馬単2450円的中、おめでとう。

横山TM きょうは反省しませんよ(笑)。

デスク 分かっているよ。自慢話をどんどんしてよ。まずは◎をつけた理由を教えて。

横山TM ワイドファラオは、デビュー戦とニュージーランドトロフィー、NHKマイルCを使いに関東に来ているので関西馬にしては馬体を良く見ている方ですが、すごく筋肉質で骨太で「いかにもダート馬」っていう馬体なんです。ヘニーヒューズ産駒は先週までにダートで138勝しているのに、芝は10勝未満。産駒はほぼほぼダート向き。この馬も、いかにもヘニーヒューズ産駒という馬体だし、血統的な背景からも初めてのダートでも問題ないと思っていました。しかも、今回は追い切りでも動いていましたからね。調教で動くタイプではなかったのに、今回はさわやかに脚を使っていました。脚さばきが素軽くなっていたので、GI(NHKマイルC9着)に出走したダメージはないと判断していました。

デスク 今回のレースぶりをどう見ていた?

横山TM 好スタートを切って、直後に外から2頭に並びかけられましたが、そこで鞍上が押すことなく自然体でハナに立てたのが大きかったですね。単騎になってからは終始スムーズで、直線に入ると徐々にギアを上げていきました。直線半ばを過ぎて完全に抜け出しましたが、デュープロセスが外から鋭い脚を使って追い上げてきたので、ラスト200メートルあたりでは「駄目だ。差される…」と思っていました。でも、そこから勝負根性を発揮しましたね。ラスト100メートルくらいで馬体を併せてきたデュープロセスに一旦、ハナくらいかわされたと思いますが、そこから根性を見せてくれました。最後は首の上げ下げで、向こうが上がってこっちが下がったところがゴール。アタマ差よりも接戦に見えましたが、着差以上に強い勝ちっぷりでした。

【続きを読む】