中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.16 05:07

JRA大混乱 市販エサに禁止薬物、156頭が競走除外(2/3ページ)

大量の競走除外馬が出たことについて説明するJRAの吉原英留獣医委員(左端)、伊藤忍裁決委員(左から2人目)=阪神競馬場 (撮影・林俊志)

大量の競走除外馬が出たことについて説明するJRAの吉原英留獣医委員(左端)、伊藤忍裁決委員(左から2人目)=阪神競馬場 (撮影・林俊志)【拡大】

 15日の午前6時30分に、JRAが大量の競走除外を発表。実際には「競走除外」だが、想定されていないケースのためホームページでは「出走取消」と表示されるなど、JRA内部でも混乱した。また、競馬場を訪れたファンは「有力馬もたくさん除外されて、馬券の妙味がなくなった」、「被害に遭ったのは馬。関係者も大変でしょう」と一様に落胆。ネット上にもさまざまな憶測、批判が飛び交った。

 いったい、なぜ…。JRAはこの日、開催している東京、阪神、函館の3競馬場で会見を開いた。話を総合すると、異変が判明したのは14日の夕方。競走馬用の飼料添加物『グリーンカル』を販売した業者が厩舎関係者に対して、「(禁止薬物が検出されて)大変なことになった」と連絡して発覚した。本来なら理化学検査を受けて陰性と判断されたものだけが販売されるところを、検査を受けていないまま販売されたのが原因という。製品は回収された。

 『グリーンカル』はカルシウムを摂取する目的の添加物。今回は美浦6厩舎、栗東22厩舎が利用していたため、除外の憂き目に遭った。製造した日本農産工業(株)によると、現時点では原因を特定できておらず、製造工程を調査している段階。ただ、今回販売された製品には『競走馬理化学研究所の検査を実施しており、競馬法に指定される禁止薬物の陰性を確認しております』と印字されている。

【続きを読む】

関連

  • 「禁止薬物の陰性を確認しております」と明記してあるグリーンカルの袋(裏面)
  • 表面