中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.16 05:07

JRA大混乱 市販エサに禁止薬物、156頭が競走除外(1/3ページ)

大量の競走除外馬が出たことについて説明するJRAの吉原英留獣医委員(左端)、伊藤忍裁決委員(左から2人目)=阪神競馬場 (撮影・林俊志)

大量の競走除外馬が出たことについて説明するJRAの吉原英留獣医委員(左端)、伊藤忍裁決委員(左から2人目)=阪神競馬場 (撮影・林俊志)【拡大】

 JRA(日本中央競馬会)は15日、前代未聞の土日156頭におよぶ競走除外馬の発生を発表した。禁止薬物のテオブロミンを含む飼料添加物を摂取した可能性があるためで、ファンも関係者も大混乱。JRAも対応に追われた。すでに馬番が決まっていた16日のメイン、函館スプリントステークス(GIII、芝1200メートル)は13頭中6頭が除外となり、7頭立てで実施される。

 公正競馬を掲げるJRAが、大混乱に陥った。競走馬の飼料添加物(サプリメント)から、興奮作用や強心作用のある禁止薬物のテオブロミンが検出されていたことが判明。飼料を口にした可能性がある馬を全頭検査するだけの時間はなく、公正確保の観点から土日で156頭もの馬が競走から除外された。

【続きを読む】

関連

  • 「禁止薬物の陰性を確認しております」と明記してあるグリーンカルの袋(裏面)
  • 表面