中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.15 16:10

奇手妙手の西野が馬連一本勝負で8万円ゲット

西野大助

西野大助【拡大】

 【西野大助の奇手妙手】土曜東京11R

 土曜は全国的に雨予想。いかにも荒れそうな阪神のメインレースは荒れる要素がさらに増えて、いよいよ手に負えなくなってきた。開幕週の函館も勝負はしづらく、おのずと視線は手頃な頭数の【東京11R・ジューンS】へ。

 5月に同じ舞台で行われた府中Sの再戦ムード。最先着で堅実味もある◎③シンギュラリティの軸は決まりで、馬場の良否も問わない。相手探しが焦点となる。

 府中Sでシンギュラリティに続いたのは4着スパイラルダイブだが、加速ラップ(11秒9→11秒4)の4コーナーで実にうまく脚をためた。この我慢がゴール前でのひと伸びにつながった印象。

 対して⑦ジナンボーは3、4コーナーで外から進出。コースロスも大きく最後に甘くなったが、6着ながら内容は4着のスパイラルを上回った。まだ6戦目と伸びしろも十分で、今度はシンギュラリティに肉薄する。母は道悪をこなしたアパパネ。

《馬連》
 ③-⑦ 1万円

 ※結果…穴馬券を決めるのも快感ですが、堅めのレースを一本勝負で決めるのも痛快です。1番人気◎③シンギュラリティは2着、勝ったのは逃げ切った⑦ジナンボーでした。おいしく決まった馬連一本勝負で、関東エイトのヒゲの無頼派・西野大助記者は8万円獲得です。

西野大助(にしの・だいすけ) 関東エイト編集 

前走比較

中穴

3連単

プロフィル

1968年生まれ、神奈川県出身、O型。早稲田大卒。編集部。2007年秋から2012年3月まで東京・本紙予想。現在は東西メインのコラム・ポテンシャルツリーを担当。

予想スタイル

ベースは血統だが、前走レベル、枠順、着順推移、オッズ解析…。使えるものは何でも。ゆえに直前での買い目変更は日常茶飯事。もちろん失敗も多々。あくまで私だけの予想です。

※西野大助の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります