中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.12 10:20

【ユニコーンS】ノーヴァレンダ余力たっぷり

栗東CWコースで追い切られたノーヴァレンダ(奥)

栗東CWコースで追い切られたノーヴァレンダ(奥)【拡大】

 昨年暮れの交流GI全日本2歳優駿(川崎)を制したノーヴァレンダは、栗東CWコースで大きく先行するアメリカンウェイクを楽な手応えで追走。鞍上から気合が入ったラスト1Fで内からかわし、余力たっぷりに半馬身先着した。

 「ずいぶん追走したけど内を回ったので無理はしていないし、バランスの取れた走りだった」と斉藤崇調教師。前走(伏竜S5着)は砂をかぶったら頭を上げてしまったが、「砂をかぶる練習もしたかったけど、間隔が空いているので仕上げることを優先した。ワンターンだし、外めの枠がいい」。スムーズに行ければ巻き返せそうだ。(夕刊フジ)

★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載