中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.12 12:24

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(90)】スピード競馬追求が生んだ日米GIでの斜行の悲劇(1/2ページ)

ロジクライの斜行により大きな不利を受けたアーモンドアイ(左)は、ゴール前で上位2頭を強襲した

ロジクライの斜行により大きな不利を受けたアーモンドアイ(左)は、ゴール前で上位2頭を強襲した【拡大】

 5月4日にチャーチルダウンズの薔薇(ランフォアロージズ)を根こそぎなぎ倒した大型ハリケーンが、6月8日のベルモントパークにはクワイエットストーム(静かな嵐)に姿を変えて忍び寄っていた。その異常なまでの静謐(せいひつ)に、稲妻が走るかのようにインスパイアされて反射的に(1)ジョーピアに◎を打っていたが…。

 雨に水没したルイビルの極悪不良「薔薇の園」を嫌って2頭がスクラッチ(取り消し)したあげく、19頭立て1番人気(3・1倍)に支持されて1位入線した4戦無敗のマキシマムセキュリティがなんと、17着に降着された。泥田の取っ組み合いになった4コーナーで、他馬の進路を大きく妨害したためだった。

 この斜行に異議を申し立てたF・プラ騎手のカントリーハウスが2位から1位に繰り上がり、マキシムは同じように抗議した15着ロードスター、16着ロングレンジトデイの次位という失格同然のペナルティーを課せられた。

 米国で発生した悪夢のようなハリケーンは1カ月後、東京の安田記念にも魔の手を伸ばした。

 「ロジクライは、発進不良(内側に逃避)、【制裁】ロジクライの武豊騎手は、発走後に内側に斜行したことについて6月8日の騎乗停止(被害馬15、14、13、12番)」

 完走はしたものの、川田騎手がゴールインしてから下馬して故障を気遣った(15)ダノンプレミアムは16着最下位。「スタートのトラブルで、5馬身くらいのロスがあった」Cルメール騎手の(14)アーモンドは上がり最速32秒4。ゴールを過ぎてから1、2着馬を串刺しにするほどのバケモノぶりをみせたが、斜行連鎖の後塵を浴びた(13)ペルシアンナイト(10着)、(12)ロードクエスト(12着)とロジクライ(9着)の着順が入れ替わることはなかった。

 同じ「斜行会」の「斜行ダンス」でも日米の歴史やモラルのちがいなどから採点が異なるのは仕方ないし、ケンタッキーダービーと安田記念を同じ土俵に乗せて論じることもはばかれる。そうした比較の良否ではなく、逃避とか逸走とか斜行と呼ばれるハタメイワクな“狂走”が騎手の技量の未熟さなどによってではなく、最高峰のGI舞台での世界でも指折り数えられるほどの名手、スーパージョッキーたちの手綱においても御し切れない。それがスピードを研ぎ澄まされたマイラー色の強い馬の気質、気性あるいは狂気によって引き起こされるところにある。

 平成以降、今がピークを迎えているとも思える「斜行会」の貴族、血族はきわめて個人的な見解だが、アメリカから流入している。

【続きを読む】