中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.9 18:37

【みんなの反省会】マーメイドS~今年も波乱の決着。軽ハンデ馬は要注意by藤岡TM(1/2ページ)

外から一気に脚を伸ばして重賞初制覇を果たしたサラス

外から一気に脚を伸ばして重賞初制覇を果たしたサラス【拡大】

デスク 宝塚記念(6月23日)までの2週はGIIIがメイン。阪神競馬場では荒れる牝馬のハンデ重賞、マーメイドSが行われたが、今年も3連単39万1310円とはね。勝ったのは7番人気のサラスで、2着が10番人気のレッドランディーニ。現場で見ていた関西競馬エイトの藤岡敬司トラックマン(TM)に振り返ってもらおう。

藤岡TM ホント、いつも軽ハンデ馬の出番になりますよね。サラスは後方で脚をためてラスト3ハロンの手前からスパート。大外を回る形でしたが、直線に入るとグングンと脚を伸ばし、ゴール寸前で前を捕らえて差し切りました。51キロの軽量で持ち味の決め手を存分に生かしました。後ろの馬の流れになったのもありますが、自分の競馬に徹したことが重賞初勝ちにつながりました。

デスク 2着のレッドランディーニは?

藤岡TM 後方でスムーズに折り合ってラスト3ハロンあたりで仕掛けると外から追い上げ、直線半ばでは先頭に立つ場面も。勝ち馬と比べ若干早めのスパートだったけど、タイミングはぴったりだったと思います。最後は差されましたがレース内容はよかったし、力をつけていますよね。

デスク 君の◎スカーレットカラーも見せ場十分だった。最後は3着だったが、さぞ力が入ったのでは?

藤岡TM 中団馬群で終始楽な追走でした。ただ、手応え良く直線に入ったのですが、さあここからというところでなかなか前が開かず追い出しを我慢する状況になってしまいました。最後は内に進路を取って伸びましたが、スッと前が開いていれば、また違っていたのでは? ひいき目もありますけど…。でも、馬体も増えていたし(プラス6キロ)、ここにきて地力強化していると思います。

【続きを読む】