中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.16 05:10

【オークス】クロノジェネシス鋭伸!CW半馬身先着

クロノジェネシス(奥)はCWコースでリズムのいい走りを披露し、馬なりで半馬身先着した

クロノジェネシス(奥)はCWコースでリズムのいい走りを披露し、馬なりで半馬身先着した【拡大】

 ヴィクトリアマイルを勝ったノームコアの半妹クロノジェネシスは、CWコースで北村友騎手を背にサマーセント(3歳500万下)と併せ馬。馬なりながらラスト1ハロン11秒8(6ハロン84秒2)と鋭く伸びて半馬身先着した。2週連続で追い切りに騎乗した鞍上は「感触は良かったですし、終始いいリズムで走れました。時計が出ていたのも調子のいい証拠。デビュー以来、一番いいデキ」と笑顔を見せた。

 斉藤崇調教師も「体調面は上向きですね」と納得の表情。前走の桜花賞は上がり3ハロン32秒9の末脚で2着と同タイムの3着。「2回ほどぶつけられた中で、最後も直線であれだけの脚を使えたのはたいしたもの。今回はきっちり結果を出せるよう頑張りたい」と力を込めた。2戦2勝と得意の東京でGI初Vなるか。

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載