中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.16 11:04

【ズバッと!言いたい放題】オークス(1/2ページ)

夕刊フジ・しのは、王道路線を歩んできたクロノジェネシスに期待

夕刊フジ・しのは、王道路線を歩んできたクロノジェネシスに期待【拡大】

 しの 牝馬2冠目は、全馬が初めて挑む2400メートル。素質か、距離適性か。桜花賞馬はいないし難しいですね。

 大王 2000メートルの忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーは3戦無敗。上がり3Fは3戦とも最速で、直線の長い東京なら持ち味をフルに生かせそうだ。

 水谷 「兄(リアルスティール)より背中が柔らかい。2400メートルも問題ない」と、ミルコも言っとったで。

 しの まるで友達みたいな言い方ですね。ところで忘れな草賞の勝ち馬は過去30年で4勝。桜花賞に次ぐ相性の良さですが、私はやはり王道路線を歩んできたクロノジェネシスに期待したいわ。

 大王 東京は2戦2勝。距離はベストではなさそうだけど、3歳の春だから絶対能力の高さで克服できるかも。

 水谷 北村友騎手は「GIを勝つために、まずは落ち着き。それとボクがうまくエスコートできるかどうか」やて。

 しの 確かに。高松宮記念に続いて、先週も京都で10万円の制裁を受けてますからね…。

 大王 桜花賞組以外では、フラワーCを勝ったコントラチェックも楽しみ。スピードの持続力に優れたタイプ。14年に3着だったバウンスシャッセの妹だし、距離をこなせるスタミナは十分にある。レーンは冷静で状況判断に長けているから、本来はマイナスの乗り替わりも気にならないよ。

【続きを読む】