中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.15 12:01

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(86)】令和元年の“正月競馬”に復古・再生~オークス&ダービーも新風が吹き抜ける(1/2ページ)

ノームコアをヴィクトリアマイル優勝に導き、JRA・GI初制覇を果たしたダミアン・レーン騎手。日本競馬は昭和から豪州と深く関わりがあるようだ

ノームコアをヴィクトリアマイル優勝に導き、JRA・GI初制覇を果たしたダミアン・レーン騎手。日本競馬は昭和から豪州と深く関わりがあるようだ【拡大】

 ノームコアとは、気取らない通常な服装を特徴としたユニセックスなファッショントレンドである(ウィキペディアから)。

 恥ずかしながら、ヴィクトリアマイルの勝ち馬の名の由来を、知らなかった。ならばチェックすれば良かったのに。まさにその通り。ちょっとでもその気になって調べれば、見えそうで見えない令和も、その来るべき競馬の流れも見えてきた。そして◎クロコスミア(3着)の相手(痛恨の無印)の選択肢(○▲★…)も広がっていた。

 ノーマル+ハードコアの造語であることも、もちろん知らなかった。それでもわざと穴をあけたボロくさいジーンズや作業着風のファッションが氾濫していることは強烈な違和感とともに実感していた。しかもいつしか自分も安くて着心地のいいNCファッションに魅かれて、リサイクルショップの洗い晒しのジーパンなどを漁るはめになった。それが2014年にニューヨークを中心に発生したファッショントレンドであり、着古したジーンズを探し古い鉱山などを漁って数十万、ときにはオークションで7桁もの“高配当”のつく美術・骨董品的なお宝を発掘するデニム・ハンターなる者もいる。平成はそういう時代、1949年にゴールドラッシュにつられてカリフォルニアに入植したフォーティナイナー(49er)たちが履いた古びたデニムが、金色の脚光をあびてしまうベルエポックにまで爛熟している。ただ漠然と川の流れをながめていた49erの時代には中高生くらいだった時流に疎いアナログおやじにもやっと、平成の隆盛とともに奔流となったトレンドの正体が見えてきた。

 これは温故知新、懐古趣味、ルネサンス(復古、復興)、あるいは「歴史は繰り返す」という必然的トレンドなのだ。競馬においてはまだ発生したばかりのノームコアシンドローム(症候群)だが、それが蔓延して古くて新しい、ニュー・オールド(New・Old)エポックに進化する。その鍵を握っている天才騎手が、令和元年の競馬の“正月”にハーレー彗星のような光彩を放ってヴィクトリアマイルを突き抜けた。

【続きを読む】