中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.14 18:56

【みんなの反省会】皐月賞~1、2着馬はダービーでも甲乙つけ難いby山本(1/2ページ)

平成最後のクラシックレースとなる牡馬3冠初戦を制したC.ルメール騎手騎乗のサートゥルナーリア(緑帽)

平成最後のクラシックレースとなる牡馬3冠初戦を制したC.ルメール騎手騎乗のサートゥルナーリア(緑帽)【拡大】

デスク 平成最後のクラシックとなった皐月賞は、圧倒的1番人気のサートゥルナーリアが優勝。中山競馬場でレースを見ていた関東競馬エイトの山本忍トラックマン(TM)に反省会に出てもらおう。サートゥルナーリアの印は△だったね。

山本TM ホープフルSからのぶっつけ本番だったので…。牝馬は、去年はアーモンドアイがシンザン記念からのぶっつけで、今年もグランアレグリアが朝日杯FSからのぶっつけで、ともに桜花賞を勝っていますが、この時期の牝馬は早熟なので納得もできますが、牡馬はそうはいかないかな、と。3歳になって本番までに1戦は必要だろうと思って評価を下げました。GIを勝つために必要なパーツが1枚足りない、と。

デスク その見込みが外れて勝たれちゃったね。

山本TM 太め感なく仕上がっていました。休み明けでもパドックでは落ち着いていたように、兄のエピファネイア(菊花賞、ジャパンカップ)などに比べて精神的にどっしりしていますね。道中は好位勢の直後で折り合いもスムーズ。直線で坂を上がってヴェロックスに並びかけると競り合いを制して1着でゴール。道中はヴェロックスをマークしているように見えました。着差こそ僅かでしたが、レース前の評判通りの走りは体現できたんじゃないでしょうか。コントロールが利くのでレースがしやすいし、久々のここを使ってパーツも埋まったので、ダービーでも期待できると思います。

デスク 2着は君の本命馬ヴェロックス。

山本TM “先物買い”だったんです。跳びが大きくて加速が遅いので、中山の2000メートルは合うとは思っていませんでした。鞍上ももちろん、それを分かっているので残り600メートルでムチを入れて、4コーナー手前からスパートしました。最後はリードを守れず勝ち馬に競り負けましたが、跳びの大きい馬だけに反応の差が明暗を分けた印象です。完璧なレースだったと思いますよ。勝ち馬に寄られたあとに盛り返したように力量差は感じさせませんでした。あの不利は着順には影響なかったと思いますが、もう少し距離があったら…とは思いますね。それだけに今回から400メートル延びるダービーは面白いと思います。1、2着馬はダービーでも甲乙付けがたいでしょう。

【続きを読む】