中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.14 16:37

サンスポ漆山がアンタレスSで4万7200円

漆山貴禎記者

漆山貴禎記者【拡大】

 【漆山貴禎の「きょうのココイチ!」】日曜阪神11R

 【阪神11R・アンタレスS】 ◎⑨アナザートゥルースの前進に期待する。

 母キョウエイトルースの産駒からはGI・3勝のサウンドトゥルーを筆頭に活躍馬が続出。ただ、気難しいのがネックで本馬も含めて実に5頭が去勢手術を受けている。前走・名古屋大賞典3着は昇級初戦を考えれば健闘ともとらえられるが、「3コーナー先頭くらいの勢いで、と指示していたんです。でも、勝負どころで気の悪さ、ズブさを出してしまって…。最後はまた盛り返して来ているんですけどね」と高木登調教師は不満顔だ。

 そこで、今回は対策として右側だけの片ブリンカーを着用してきた。同厩の半兄ルールソヴァールは初ブリンカーの夏至Sを快勝し、交流GIII佐賀記念Vまで駆け上がった。弟にも絶大な効果を期待したい。

《馬連》
 ⑨-③④⑩ 各2000円
 ⑨-①②⑧⑭ 各1000円

 ※結果…6番人気の◎⑨アナザートゥルースが見事に重賞初制覇。東京サンスポの漆山貴禎記者は馬連本線的中で4万7200円を獲得しました。これが今ステージの初ヒット、収支を黒字に塗り替えました。

漆山貴禎(うるしやま・きよし) 東京サンスポ記者 

データ

3連単

プロフィル

1981年生まれ、山形県出身、O型。東京大学文学部卒。当日の特別レースから、最も“馬券を買いたい”1鞍をピックアップ。赤門の名にかけて某先生には負けられない!?

予想スタイル

緻密にデータを解析し、厩舎取材で現場のエッセンスをプラス。常にプラス収支を目指し、手堅くバントと一発長打を打ち分ける!?

※漆山貴禎の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります