中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.11 14:59

【リレーコラム】関西競馬エイト~サンクスホースプロジェクトby高橋賢

角居勝彦調教師

角居勝彦調教師【拡大】

 高松宮記念が行われた3月24日の夜、ある方からお誘いを受け、角居勝彦調教師主催のサンクスホースプロジェクトの勉強会に参加させていただきました。

 “サンクスホースプロジェクト”とは、引退後、必ずしも幸せな余生が保証されているわけではない競走馬を一頭でも多く救うべく、再度トレーニングを施したあとに乗用馬、セラピー馬としてのセカンドキャリアを確立する支援を行う活動です。

 今回の参加者は園田競馬の調教師の方がほとんどで、競馬記者は私だけ。多少の場違い感はありましたが、同じテーブルについた調教師の皆さんがいろいろ気遣いをしてくださり、楽しく時間を過ごすことができました。

 ここではサンクスホースプロジェクトの現状報告はもちろん、JRA競馬学校の入学資格年齢制限撤廃による地方競馬への影響にまで話がおよび、「地方競馬が生き残るためには?」というテーマでテーブルごとに意見をまとめて発表するなど、かなり本格的。私のテーブルでも熱っぽい議論が重ねられ、私個人としても新たな発見がたくさんありました。

 何より、名トレーナーとしてだけではなく、競馬界全体の行く末を幅広い視点で案じておられる角居調教師のお人柄には、改めて感銘を受けました。同時に、メディアで競馬の魅力を伝えていく立場の者として、一層身が引き締まる思いでした。

 さて、今週は皐月賞。角居調教師は圧倒的人気が予想されるサートゥルナーリアを送り出します。ここまで順調に調教が重ねられ、動きも抜群。走りには数字では図りきれない奥深さも感じられ、中心となるにふさわしい馬だと思います。

 前述の流れからも、もちろんサートゥルナーリアを応援したくなる気持ちはありますが、予想は別? これから時間をかけて冷静に判断していきたいと思います。当日はぜひ、競馬エイトを片手にレースをお楽しみください。

高橋賢司(たかはし・けんじ) 関西エイト時計班 

前走

穴、時々本命

人気薄の単勝

プロフィル

関西テレビ「競馬BEAT」解説者、ラジオ大阪「ドラマティック競馬」解説者。馬券は多レース参加型でボヤきも多いが、馬、ジョッキーへのリスペクトは忘れないのがポリシー。

予想スタイル

レース結果の本質を正しく理解し、生で見た感覚も忘れないために、レースの詳細を記録。それを予想に生かしている。基本は攻めの予想だが、レースによって打法、振り幅は変える。

※高橋賢司の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります