中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.8 05:06

【桜花賞】シゲルピンクダイヤ2着、上がり最速32秒7

2着に敗れたシゲルピンクダイヤ

2着に敗れたシゲルピンクダイヤ【拡大】

 上位人気3頭の間に割って入ったのが、7番人気のシゲルピンクダイヤだった。スタートでつまずき、道中は15番手から。少しモタモタする面は見せていたが、直線ではメンバー最速の上がり3ハロン32秒7の脚で追い込んだ。

 「走りにクセがなかったし、(前走のように)直線でモタれなかったですね。最後は末脚を使ってくれる馬なので。今後、テンションが上がらなければ」と和田騎手。次走はオークスの予定で、渡辺調教師は「操作性がいいので、距離が延びるのはいいと思いますよ」と話した。

★7日阪神11R「桜花賞」の着順&払戻金はこちら