中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.7 15:51

【桜花賞】2番人気グランアレグリアが戴冠!ルメールは連覇達成

桜花賞レコードで牝馬クラシック一冠目を制したグランアレグリア

桜花賞レコードで牝馬クラシック一冠目を制したグランアレグリア【拡大】

 4月7日の阪神11Rで行われた第79回桜花賞(GI、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気グランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎)が好位4番手から3、4コーナー中間で先頭に立つとそのまま後続を完封して戴冠した。タイム1分32秒7(良)は桜花賞レコード。

 2馬身半差の2着には7番人気のシゲルピンクダイヤ、さらにクビ差遅れた3着にクロノジェネシス(3番人気)が続き、1番人気に支持された2歳女王のダノンファンタジーは4着に敗れた。

 桜花賞を勝ったグランアレグリアは、父ディープインパクト、母タピッツフライ、母の父タピットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は4戦3勝。重賞は2018年サウジアラビアロイアルC・GIIIに次いで2勝目。桜花賞は、藤沢和雄調教師は2004年ダンスインザムードに次いで2勝目。C・ルメール騎手は2018年アーモンドアイに続く2勝目で、連覇は史上5人目となった。

 ◆C・ルメール騎手「すごくうれしい。圧勝でした。4番手でいいポジションを取れたし、ペースが遅かったので4コーナーで動きました。いいスピードをもっています。(オークスの)2400メートルは難しいところですね」

★【桜花賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • ゴール後、ガッツポーズをするC.ルメール騎手
  • 平成最後の桜花賞を制したグランアレグリア
  • 後続の猛追を振り切って桜花賞を制したグランアレグリア
  • 2着シゲルピンクダイヤに2馬身半差をつけて快勝したグランアレグリア(左)
  • 桜花賞レコードで駆け抜けたグランアレグリア
  • グランアレグリアで桜花賞を制し喜ぶクリストフ・ルメール騎手
  • 昨年のアーモンドアイに続きルメール騎手は史上5人目の連覇達成
  • 咲き誇る桜を背に引き揚げるグランアレグリア
  • ガッツポーズをするクリストフ・ルメール騎手
  • スタンドの声援に応えるクリストフ・ルメール騎手
  • 握手するクリストフ・ルメール騎手とプレゼンターの俳優・中川大志
  • 桜花賞を制し、ポーズをとるクリストフ・ルメール騎手
  • 記念撮影するクリストフ・ルメール騎手と藤沢和雄調教師
  • クリストフ・ルメール騎手と藤沢和雄調教師
  • 桜花賞を制したグランアレグリア
  • 桜花賞を制したグランアレグリア
  • 平成最後の桜花賞を制したグランアレグリア
  • 2着に敗れたシゲルピンクダイヤ
  • 3着に敗れたクロノジェネシス
  • 4着に敗れたダノンファンタジー