中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.24 15:50

【高松宮記念】福永ミスターメロディがインから伸びてGI初制覇!

3連単449万馬券の大波乱となった高松宮記念を制したミスターメロディ。春の短距離王の座に就いた

3連単449万馬券の大波乱となった高松宮記念を制したミスターメロディ。春の短距離王の座に就いた【拡大】

 3月24日の中京11Rで行われた第49回高松宮記念(GI、4歳以上オープン、芝1200メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ミスターメロディ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が先行勢を射程圏に入れ、直線はインから伸びてGI初制覇を飾った。タイムは1分07秒3(良)。

 2着には好スタートを切って一旦は先頭に立った12番人気のセイウンコウセイが半馬身差で粘り、さらにアタマ差3着にはショウナンアンセムが入り、3連単は400万円超の大波乱となった。1番人気のダノンスマッシュは4着、藤田菜七子騎手で参戦したスノードラゴンは17着に終わった。

 高松宮記念を勝ったミスターメロディは、父スキャットダディ、母トラスティレディ、母の父デピュティミニスターという血統。米国・ベルタワーサラブレッズの生産馬で、馬主はグリーンフィールズ(株)。通算成績は10戦4勝。重賞は2018年ファルコンS・GIIIに次いで2勝目。高松宮記念は、藤原英昭調教師は初優勝、福永祐一騎手は2004年サニングデール、16年ビッグアーサーに次いで3勝目。

 ◆福永祐一騎手(1着 ミスターメロディ)「初めての1200メートルでしたがスタートが良かったですし、うながしていいポジションが取れました。直線は内を突こうと思っていましたのでうまくいきました。センスの高さを感じましたし、ダートもこなせるのでこれからの選択肢が広がりました。まだまだこれからの馬ですから、短距離界を引っ張っていけるよう頑張ります」

★【高松宮記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • GI初制覇を果たしたミスターメロディの鞍上で福永祐一騎手はガッツポーズ
  • 高松宮記念を制したミスターメロディ。右は3着のショウナンアンセム
  • 好位追走からしぶとく脚を伸ばし高松宮記念を制したミスターメロディ
  • GI初制覇を果たしたミスターメロディと、馬上で喜びを表現する福永祐一騎手
  • ミスターメロディの馬上で声援に応える福永祐一騎手
  • 福永祐一騎手と握手する俳優の中川大志
  • 高松宮記念を制したミスターメロディ
  • 高松宮記念を制したミスターメロディ
  • 藤原英昭調教師と福永祐一騎手
  • 2着に敗れたセイウンコウセイ(左から2頭目)
  • 3着に敗れたショウナンアンセム(左から2頭目)
  • 4着に敗れた北村友一騎手騎乗のダノンスマッシュ
  • 藤田菜七子騎手騎乗のスノードラゴンは17着に敗れた