中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.2 15:45

【チューリップ賞】ダノンファンタジーがV4で桜花賞に王手!

チューリップ賞を快勝した昨年の2歳女王ダノンファンタジー

チューリップ賞を快勝した昨年の2歳女王ダノンファンタジー【拡大】

 3月2日の阪神11Rで行われた第26回チューリップ賞(GII、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、別定、13頭立て、1着賞金=5200万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)が、スタート後やや掛かり気味に進めながら、直線も前が開かない厳しい展開ながら抜け出して快勝。4連勝を飾るとともに牝馬クラシックの第1弾・桜花賞へ王手をかけた。タイムは1分34秒1(良)。

 1馬身差の2着にはシゲルピンクダイヤ(4番人気)、さらにハナ差遅れた3着にノーブルスコア(7番人気)。上位3頭が桜花賞(4月7日、阪神競馬場、GI、芝・外1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 チューリップ賞を勝ったダノンファンタジーは、父ディープインパクト、母ライフォーセール、母の父ノットフォーセールという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。通算成績は5戦4勝。重賞は2018年ファンタジーS・GIII、阪神JF・GIに次いで3勝目。チューリップSは、中内田充正調教師は初、川田将雅騎手は2014年ハープスターに次いで2勝目。

 ◆川田将雅騎手(1着 ダノンファンタジー)「返し馬からいい雰囲気でした。直線は進路がなく、外から(他の馬が)伸びてきましたが、良く我慢してくれましたし、いい反応をしてくれました。この馬らしく本番を迎えられたらうれしいし、桜花賞が楽しみになってきました」

★【チューリップ賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • チューリップ賞を快勝した2歳女王ダノンファンタジー
  • チューリップ賞を制し、桜花賞に向けて好スタートを切ったダノンファンタジー
  • チューリップ賞を制したダノンファンタジー
  • チューリップ賞で2着に入り、桜花賞の優先出走権を獲得したシゲルピンクダイヤ
  • チューリップ賞でアタマ差の3着争いを制し、桜花賞への切符を獲得したノーブルスコア
  • チューリップ賞で5着に敗れたシェーングランツ
  • チューリップ賞を制したダノンファンタジーを管理する中内田充正調教師と、騎乗した川田将雅騎手
  • チューリップ賞を制したダノンファンタジー