中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.12 19:00

【リレーコラム】武豊がいきなり存在感~週刊Gallop

武豊騎手

武豊騎手【拡大】

 今年最初の重賞、中山金杯で武豊騎手はマウントゴールドに騎乗したが12着に敗れ、“金杯”3連覇はならなかった。ただし、そのJRA開幕週は、土曜2勝、日曜4勝で計6勝とスタートダッシュを決めて、いきなり存在感をみせつけた。

 先週2、3日も土日あわせて5勝。同じく5勝したクリストフ・ルメール騎手と並ぶ16勝で関西リーディングを争っている。この3月で50歳を迎える(そうは見えない)ベテランが、さすがと思わせる騎乗を続けているのだ。

 弊誌恒例の年頭ロングインタビューでは「昨年明言してできなかった100勝を、今年は達成したい」と語っていた。まだ2月で気が早いと言われそうだが、このままのペースで行けば年間100勝では収まらないだろう。

 競馬といえば武豊。競馬のことを知るずっと前からそう頭にすり込まれていた記者からすれば、この活躍はとにかくうれしい。今から、来年のロングインタビューが楽しみでならない。

松永昌也(まつなが・まさや) 週刊Gallop記者(東京) 

直感

大穴

馬単・3連単

プロフィル

1973年9月15日生まれ、乙女座、血液型A。静岡県出身だが、なぜか関西弁。競馬への情熱を捨て切れず、2003年に某新聞社から移籍。以来、夢馬券を追い続ける。

予想スタイル

データは気に掛ける程度。「少ない資金で高配当を!!」をモットーに、基本は馬単1着固定の6点流し。3連単も買うが、もちろん1着固定。あくまで◎=1着にこだわる。

※松永昌也の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります