【クイーンC】先手奪ったジョディーが3着に粘る 武藤「距離はもちそう」

2019.2.11 18:55

 2月11日の東京11Rで行われた第54回クイーンC(3歳、オープン、GIII、芝1600メートル、牝馬、9頭立て、1着賞金=3500万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤祟史厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒2(良)。

 果敢に先手を奪ってマイペースに持ち込んだ伏兵のジョディー(7番人気)が、最後の直線で上位2頭に交わされてからも懸命に粘り込み3着入線。賞金加算とはいかなかったものの、今後に繋がる走りを見せた。

 武藤雅騎手「ハナへ行くまでに脚を使いましたが、立ってからはうまく息を入れて走れました。上位2頭は強かったけど、最後まで食らいついてくれました。ダイワメジャー産駒でマイルがベストかもしれないけど、折り合いに不安がないので、距離はもちそうです」

★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる