中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.11 18:54

【クイーンC】重賞初挑戦のレッドベルディエスは5着 ブロンデル「距離はこれぐらいがマッチ。先々は楽しみ」

 2月11日の東京11Rで行われた第54回クイーンC(3歳、オープン、GIII、芝1600メートル、牝馬、9頭立て、1着賞金=3500万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤祟史厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒2(良)。

 デビュー2戦目で未勝利戦を勝ち上がって以来、2カ月半ぶりの一戦となったレッドベルディエスは、好位の4番手を追走したものの最後の直線で伸び切れず5着止まり。重賞初挑戦でいきなりの勝利とはならなかった。

 F.ブロンデル騎手「デビュー3戦目。まだ子供っぽい面があり、競馬を分かっていない感じ。4コーナーでペースアップした際にも自分から進もうとしませんでした。ただ、直線でひと脚は使ってくれました。距離はこれぐらいがマッチ。先々は楽しみですよ」

★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載