中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.3 16:31

第1Sトップのサンスポ・山口は2月も黒字スタート

山口大輝記者

山口大輝記者【拡大】

【web版ヤマほど儲けます】日曜東京11R

 【東京11R・東京新聞杯】 ◎⑥レッドオルガは前々走の紅葉Sで、上がり3ハロン32秒9の末脚でV。前走のターコイズSこそ6着に終わったが、東京に戻ればこのメンバーでも通用するとみる。

 自身がこの舞台で3戦2勝なだけでなく、半兄クラレントは2013年のこのレースの勝ち馬でNHKマイルC3着。全姉レッドアヴァンセがヴィクトリアマイル3着、半弟レッドヴェイロンがNHKマイルC3着と東京マイルの大舞台に強い血統だ。他馬に実績では劣るが、適性の高さで上位争いは可能だ。

《馬連》
 ⑥-①②⑬ 各2000円
 ⑥-⑤⑩⑭⑮ 各1000円

 ※結果…2019年「ガチンコ収支バトル」第1ステージで首位に立っている昨年の年間王者・山口大輝記者。決して手綱を緩めませんね。6番人気のレッドオルガから攻めてインディチャンプ(1番人気)の半馬身差2着。相手次第では…というところでしたが、《馬連》18.4倍×2000円=3万6800円を手にして2月第1週も黒字キープです。

山口大輝(やまぐち・だいき) 大阪サンスポ記者

血統

単複・馬連

プロフィル

1991年生まれ、兵庫県出身。ディープインパクトで競馬に出会い、メイショウサムソンでどっぷりはまる。いつしか血統のおもしろさに目覚め、予想にも反映させるように。レースで1頭の馬を追いかけられる単複馬券が好き。

予想スタイル

能力で劣っても、適性で勝る馬を探すのがモットー。血統で、馬キャラを探りながら、展開、馬場などを加えて本命馬を導き出す。

※山口大輝の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります