中央競馬:ニュース中央競馬

2019.1.10 11:23

【ズバッと言いたい放題】日経新春杯(1/2ページ)

夕刊フジ・森田大王は最強の4歳世代からグローリーヴェイズに注目

夕刊フジ・森田大王は最強の4歳世代からグローリーヴェイズに注目【拡大】

 しの このコーナーは今年初。気合を入れていきましょう♪ 3日間開催の真ん中は京都で古馬GIIです。

 大王 中心は最強の明け4歳世代だ。ボクは菊花賞でブラストワンピース(4着)に0秒1差の5着だったグローリーヴェイズに注目。

 東京サンスポ・板津 先週の時点で前走から約20キロ増と成長期に入った感じですし、追い切りも首をしならせた重心の低いフォームで、いかにも走るディープインパクト産駒という雰囲気でした。

 東京サンスポ・片岡 デビュー戦からすべて5着以内と安定して走れるのが魅力やし、京都も走り慣れている。55キロのハンデならチャンスやね。

 大王 アフリカンゴールドは菊花賞で12着だったが、さすがに距離が長かったのかも。12Fで見直せるし、ハンデ52キロも恵まれた印象。ミナリクの手綱さばきにも注目したい。

 大阪サンスポ・斉藤 西園調教師は「徐々に落ち着きが出てきた」と精神面の成長を口にしていました。

 大王 メイショウテッコンもマークが必要だと思うけど、ハンデ56キロが重いような。開幕週に6勝した武豊騎手がどんなリードを見せるか。

 しの 長距離戦で逃げ馬に乗った武騎手は侮れませんよ。この馬も3F短縮は歓迎のはずですし、展開利があるとみて狙ってみたい。

 大王 ルックトゥワイスは12F【1・2・0・0】と得意。初の右回りだった前走をトップハンデを背負いながら0秒5差Vと克服している。

【続きを読む】