中央競馬:ニュース中央競馬

2019.1.8 18:49

【リレーコラム】週刊Gallop~競走馬にある野生の本能

 あるテレビのトーク番組でスポーツ選手が試合前の食事について話をしていた。大半の選手はバナナを食べるそうだが、なかには餅、という返答もあった。

 では、競走馬はレース前に何を食べているのだろうか。橋田満調教師に話を聞いた。「うちの厩舎ではバナナをよく食べさせている。バナナの効能はよく知られているように、エネルギー源となる糖質を多く含んでいる。消化もいい」。ただし、「人間はこの食べ物は身体にいい物だと意識して摂取するが、競走馬にはそういう意識はないので、こちらが考えて与える必要がある」と慎重を期しているとのこと。

 レース前にカイバを食べる馬もいれば、食べない馬もいるそうで「調教過程で自分にレースが近づいているのが分かると、緊張してカイバを一切食べない子もいる。繊細な牝馬に多いね。丸一日食べずにレースに出て勝ってくるんだから、不思議だよね」。私は“すきっ腹”で全力疾走できるという事実を知って驚いたが、“肉食動物の追走から逃げて生き延びるため”という野生の本能が駆り立てていると考えれば、納得できた。

(週刊Gallop・井澤恵美)