中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.28 20:02

【みんなの反省会】サートゥルナーリアはクラシックの核となる馬(1/2ページ)

デビュー3連勝でホープフルSを制したサートゥルナーリアとM.デムーロ騎手

デビュー3連勝でホープフルSを制したサートゥルナーリアとM.デムーロ騎手【拡大】

デスク 今年最後のGI・ホープフルSは、サートゥルナーリアが単勝1.8倍の人気に応えました。関東競馬エイトのベテラン、椋木宏トラックマン(TM)に登場してもらいます。勝ち馬、強かったですねえ。

椋木宏TM 強かったですよ。

デスク 一旦ハナに立った後、好位に控えた理由について、ミルコ・デムーロ騎手は「初めてのコーナー4つの競馬、初めての2000メートルで(馬が)気にしていた」点を挙げていました。

椋木TM 確かに、好スタートを切ってハナに立った後、2~3番手に抑えましたね。コスモカレンドゥラ(4着)にハナを譲って。途中でペースが上がったんですが、ラチ沿いで我慢させました。(同じ)中山2000メートルの皐月賞を意識した競馬で、シミュレーション通りだったと思います。

デスク 最後の直線は前にアドマイヤジャスタがいたんですが、ちょっと外にできたスペースを突いて、抜け出してからの脚が実に鋭かったです。

椋木TM 搭載エンジンの違いを見せつけました。2着馬との着差(1馬身1/2)は大きくはないんですけど、今回のメンバーの中でも抜けた存在でした。(前走の萩Sを完勝後)ひと息入れて、馬体重は12キロ増。決して重くはないんですけど、まだゆるみがありますね。ただ、まったくうるさい面がなくて、気性面は兄(菊花賞、ジャパンCを勝ったエピファネイア)とは違います。

デスク 新馬戦、萩Sと楽勝していました。こういうタイプの中にはいざ重賞で鞍上が懸命に追おうとしたとき、意外にも最後の伸びを欠くケースがあります。

椋木TM まったくその心配がない馬ですね。途中で(馬群で)閉じ込められたりもしましたが、勝負根性も見せて楽々クリアしました。

デスク 素質が高いですね。

椋木TM 返し馬のフットワークも極上でした。皐月賞に向けたいい競馬ができたと思います。去年、タイムフライヤーがホープフルSを勝ったときとは違って、クラシックへ向けて核となる馬が出てきたという印象です。ミルコ・デムーロ騎手は、朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズもお手馬ですから、(選択が)悩ましいでしょうね。

【続きを読む】