中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.9 15:39

【カペラS】コパノキッキングが重賞初制覇~ダートも3歳強し

直線、大外一気で差し切り勝ちしたコパノキッキング(手前)

直線、大外一気で差し切り勝ちしたコパノキッキング(手前)【拡大】

 12月9日の中山11Rで行われた第11回カペラステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田大知騎手騎乗の1番人気コパノキッキング(セン3歳、栗東・村山明厩舎)が大外一気の追い込みで重賞初制覇。タイムは1分10秒2(良)。

 3/4馬身差の2着には逃げ粘ったサイタスリーレッド(11番人気)、さらにクビ差遅れた3着に中団から脚を伸ばしたキタサンミカヅキ(2番人気)。

 カペラステークスを勝ったコパノキッキングは、父スプリングアットラスト、母セラドン、母の父ゴールドヘイローという血統。アメリカ・Reiley McDonald氏の生産馬で、馬主は小林祥晃氏。通算成績は8戦6勝。重賞初制覇。カペラSは、村山明調教師は2014年ダノンレジェンドに次いで2勝目、柴田大知騎手は初優勝。

 ◆柴田大知騎手(1着 コパノキッキング)「ゲートで待たされて落ち着きすぎてしまい、スタートは良くなかった。それで後方からになったけど、直線はすごい脚でした。僕はまたがっていただけ。いいときに乗せてもらいました」

★【カペラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • カペラSで重賞初制覇を果たしたコパノキッキング
  • カペラSで2着に惜敗したサイタスリーレッド
  • カペラSで3着に善戦した船橋競馬所属のキタサンミカヅキ
  • カペラSで8着に敗れたハットラブ
  • カペラSで9着に敗れたキングズガード
  • カペラSで12着に敗れたオールドベイリー
  • カペラSで16着に敗れたブラゾンドゥリス
  • カペラSでブラゾンドゥリスに騎乗した藤田菜七子騎手