【BLOOD】ダノンファンタジー1F延長もOK

2018.12.8 11:45

 ステルヴィオ、アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴ-。ここ3週の古馬混合GIの勝ち馬の名前を列挙するまでもなく、今年の3歳世代は強い。今週からの2歳GIでは世代の強さはまだまだ分からないが、現状では強さを感じさせる馬が出てくるような予感がしないが…。特に牡馬。まあそんななかでの牝馬戦。来週の朝日杯FSでも本命視されそうな牝馬が出てくるので、牝馬No.1決定戦とはならないかもしれないが、さて。

 一応、出走メンバーのなかではダノンファンタジー本命か。前走の7F戦は、超スローペース。それを上がり最速で前めの位置から差し切っただけで、あまり価値が高いようには思えなかった。とはいえ余裕はある感じで、次のマイル戦を見据えた競馬をしたと聞いた。母父ノットフォーセールは父としても母父としても日本ではまだ馴染みが薄いが、元をたどればカロの系統なので、スピードの持続力には長けていそうだ。父はディープインパクトだし、1F延長は過剰に心配することはないだろう。

 相手に同じディープ産駒のシェーングランツ。こちらは府中のマイル重賞勝ちなので、◎のような距離への心配はない。母父が重厚なモンズンなので、むしろ速い流れのほうが心配なのだが、そこは牝馬らしい切れでカバーできるのだろう。

 ▲はトロシュナと少し狙ってみた。父スクリーンヒーローはときに大物を出す系統。母父のスーヴェニアコピーは父としての実績は日本でほとんどないが、母父としてはシュプリームギフト、ベステゲシェンク、ロワアブソリュー、デアレガーロという、“重賞であと一歩きょうだい”(すべて母スーヴェニアギフトの産駒)を出している。そこにお助け種牡馬のスクリーンヒーローで、あと一歩の変革が起きないかと期待。馬券圏内は十分有り得る。(夕刊フジ)

★阪神JFの枠順はこちら 調教タイムも掲載

閉じる