中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.7 05:06

【有馬記念】シュヴァル、好気配13秒3

シュヴァルグラン=栗東トレセン(撮影・安部光翁)

シュヴァルグラン=栗東トレセン(撮影・安部光翁)【拡大】

 《栗東》ジャパンC4着シュヴァルグランは、坂路単走馬なりで4ハロン55秒7-13秒3。大江助手は「体も気持ちもフレッシュ。もうひとつレベルアップできそうな感じがある」と好気配を伝えた。

 右後肢の筋肉痛でジャパンCを見送ったミッキーロケットは、坂路単走で4ハロン53秒2-13秒0。音無調教師は「まずまずの動きだね。中間はプール調教も取り入れている。中山2500メートルの距離も合いそう」と見立てるが、正式な出否は来週以降に決定する。

 アルゼンチン共和国杯を勝ったパフォーマプロミス(藤原英、牡6)は、CWコース単走で6ハロン84秒8-12秒5。藤原英調教師は「前走後も順調にきている。センスが良くて中山に実績もあるので、斤量を克服してくれれば」と結んだ。

 《美浦》1番人気の菊花賞で4着だったブラストワンピース(大竹、牡3)は、Wコースで単走馬なり。5ハロン68秒6-12秒8の時計で、大竹調教師は「帰厩後、(コースで)1本目の追い切りにしては活気があるし、力みがないね。大事にしてきたのが、この時期にようやく固まりつつあるのかな」と成長を感じた様子だった。

★シュヴァルグランの競走成績はこちら