中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.6 19:14

【香港国際競走】レースの注目点(4/4ページ)

ディアドラら3頭が出走する香港Cは、GI昇格前も含めると5頭の日本馬が優勝しているが、今年の日本勢は制すことができるだろうか

ディアドラら3頭が出走する香港Cは、GI昇格前も含めると5頭の日本馬が優勝しているが、今年の日本勢は制すことができるだろうか【拡大】

★凱旋門賞4着のヴァルトガイストなど欧州から強豪が香港ヴァーズ参戦!

 香港ヴァーズでは、欧州からの遠征馬が好成績を挙げており、過去10年で8勝をマークしている。今年の欧州勢は、凱旋門賞4着のヴァルトガイスト(牡4歳、仏・A.ファーブル厩舎)、同6着のサルウィン(牡4歳、英・S.カーク厩舎)などが出走するが、日本勢や地元の香港馬を相手にどんな走りを見せるのか。ヴァルトガイストを管理するファーブル調教師は2014年にフリントシャーで香港ヴァーズを制している。

 また遠征馬を迎え撃つ地元・香港勢は、4月のクイーンエリザベスII世Cを制したパキスタンスター(セン5歳、A.クルーズ厩舎)などが出走する。香港ヴァーズがGIになった2000年以降、香港馬の勝利は2013年のドミナント1頭にとどまっているが、果たして今年の香港勢は勝利を挙げられるだろうか。

★海外馬券発売レース「香港国際競走」特集!大型馬柱や日本馬の最新情報などを掲載