中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.6 11:50

【ズバッと言いたい放題】阪神JF(1/2ページ)

夕刊フジ・森田大王は、ファンタジーSを制したダノンファンタジーに期待している

夕刊フジ・森田大王は、ファンタジーSを制したダノンファンタジーに期待している【拡大】

 しの いよいよ2歳世代のGI。まずは牝馬からです。

 大王 シェーングランツは一昨年の阪神JF馬ソウルスターリングの半妹。フランケルからディープインパクトに代わったことで、父譲りの瞬発力が魅力だ。

 しの アルテミスSをレースレコードの1分33秒7でV。ゴール前の切れ味は際立っていましたが、牝馬の割に前半のレースぶりがもっさりとしてるというか…。

 東京サンスポ・千葉 追い切りの反応は良かった。「慎重な馬だけど、このごろは少し前向きさを出してきた」と藤沢和調教師も言ってました。

 大王 ダノンファンタジーはファンタジーSを快勝。この舞台の未勝利戦で勝ち上がったから距離、舞台替わりも心配しなくていい。ただ、ファンタジーSの勝ち馬は02年ピースオブワールドが勝っただけというデータも。

 しの 阪神の馬場改修で直線が延びた影響はあるかもしれませんね。

 千葉 牝馬ながら来週の朝日杯FSに挑むグランアレグリアと新馬戦で対戦して0秒3差2着。スピードと完成度はここで最上位な気はします。

 大王 阪神マイルはスピードだけでなく、スタミナ、勝負根性も要求されるね。東京9FのアイビーSを勝ったクロノジェネシスは魅力だ。

 水谷 斉藤崇調教師は「いい度胸をしているし、姉のノームコア同様、瞬発力が一番の武器」と。前走の上がり3F32秒5は強烈やな。

 大王 ビーチサンバはアルテミスSで半馬身差の2着。阪神マイルの新馬戦は強かった。

【続きを読む】