中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.5 05:07

【東西現場記者走る】ミッション、母ウオッカのV再現も(2/2ページ)

東京の新馬戦を快勝したタニノミッション。騎乗したモレイラ騎手も絶賛した

東京の新馬戦を快勝したタニノミッション。騎乗したモレイラ騎手も絶賛した【拡大】

 取材の中で驚いたのは、1メートルくらいの距離があっても「心臓の音が聞こえてくる。馬が落ち着いた状態でも聞こえてくる」という話。キャンターでも15-15が普通の馬だと言うし、相当なエンジンを搭載しているのか。山田助手が「不思議な馬。出会ったことがないタイプ」というのもうなずける。

 取材の終盤には、そろりそろりと帰宅しようとする中田助手を山田助手が捕獲し、取材に参加させる一幕も。GI7勝のウオッカを担当した中田助手は「きょうだいで一番ウオッカと似ている。特に気の強さが」と明かす。ウオッカは人を蹴ることがあったが、ミッションは他馬を蹴ったりするのだとか。攻撃的で勝ち気なアスリート向きの気性なのだろう。

 その母は2006年に9分の8の抽選を突破して2歳女王に輝いた。娘は現在7分の3と厳しい確率だが、くぐり抜けた先には母子制覇という快挙が待っているかも。 (板津雄志)

★母子同一GI制覇は6例

 阪神JFが牝馬限定になった1991年以降、抽選を突破して滑り込みで勝った馬は2006年ウオッカ(9分の8)、07年トールポピー(12分の6)、08年ブエナビスタ(17分の6)、11年ジョワドヴィーヴル(15分の6)の4頭。ジョワド以外の3頭が翌年のクラシックを制している。また、1戦1勝のキャリアでJRA・GIを勝てば、前記ジョワドと15年朝日杯FSのリオンディーズに続く3頭目の快挙。母子による同一GI制覇は過去に6例ある。

★阪神JFの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

関連

  • タニノミッション担当の山田助手(左)とウオッカを担当していた中田助手(中央)に話を聞く板津記者
  • 阪神ジュベナイルフィリーズ1着のウオッカ=2006年