中央競馬:ニュース中央競馬

2018.11.30 05:03

サトノダイヤモンド、有馬記念で引退 来春種牡馬入り

2016年に菊花賞、有馬記念を連勝したサトノダイヤモンド。有馬記念を最後に引退し、来春から種牡馬入りする

2016年に菊花賞、有馬記念を連勝したサトノダイヤモンド。有馬記念を最後に引退し、来春から種牡馬入りする【拡大】

 2016年に菊花賞、有馬記念を連勝したサトノダイヤモンド(栗・池江、牡5、父ディープインパクト)が、次走の有馬記念を最後に引退し、来春から種牡馬入りすることが29日、分かった。また、16年の香港ヴァーズ、17年の宝塚記念を制したサトノクラウン(美・堀、牡6、父マルジュ)も近日中に登録を抹消される見通しで、ともに北海道安平町・社台スタリオンステーションに繋養される。

 サトノダイヤモンドはラストランの結果次第ながら、10億円前後のシンジケート(60口)が組まれる見込み。サトノクラウンは3億6000万円のシンジケート(同)が組まれる。

★サトノダイヤモンドの競走成績はこちら
★サトノクラウンの競走成績はこちら